よくある質問



Q:入塾を検討したいと思います。見学ができますか?
A:塾生のプライバシーを保護するため、見学は一切お断りしています。
 入塾をご希望の方は、事前に電話などで予約し、開塾日以外にお越しください。詳しくご案内申し上げます。


Q:入塾するにはどうすればよいでしょうか?
A:まず、本人及び保護者と当塾の理事長、塾長とご面談いただきます。その後、理事会の承認を得て決定します。


Q:入塾に関して、一切費用が要らないないと聞きましたが本当でしょうか?
A:当塾は入塾料も月謝も一切いただきません。ただし、交通費だけはご負担ください。
 なお、運営資金はNPO法人PMJBの会東京の会員の寄付金、支援金に拠ります。


Q:夕食も支給されると聞きましたが?
A:当塾では塾生に余裕をもって勉学に臨んでいただくため夕食も支給しています。講師とともにみんなで食事をとるため話題も弾み、勉学だけではなく、コミュニケーション力の向上につながっています。


Q:塾指定の教材の購入などがありますか?
A:教材の購入や、購入斡旋は当塾は一切しません。希望する進学校に合わせ、また、塾生 の学力に合わせ、必要な教材は、講師の先生と相談し、当塾で手当てします。


Q:講師の先生はどんな方でしょうか?
A:社会人・大学生などボランティア精神をもとに本当に熱意に溢れた方々です。
 中には現役の高校の先生、塾の先生もいます。もちろん、勉学ばかりではなく、現役学生からは大学受験の経験談を、また現役社会人からは就職談なども聞けて、きっと、塾生の未来に役立つと思います。


Q:講師の対応教科は?
A:国語、英語、数学はもちろんのこと、理科(物理)、社会(地理、歴史)、生物など、できる限り受験科目のすべてに対応できるよう努めています。


Q:今、塾生はどのような方々ですか?
A:看護師を目指す高校生。教師を目指す高校2年生。医師になりたいという中学1年生。船を作る仕事をしたいという中学1年生。テニスの先生になりたいという中学生などと夢を持っている子供もいれば、まだ夢の定まっていない子供もいます。
また、高校だけは卒業したいという子供もいれば、東大を目指している子供もいます。
なお、当塾では個々の人間性を尊重し、できる限り個人教授に近い形で対応しております。


Q:部活のために17時30分には間に合いません。途中からの参加も可能でしょうか?
A:OKです。でも、食事は一緒にとりたいので18時30分までには来るようにお願いします。


Q:食物アレルギーがあります。個別対応は可能でしょうか?
A:申し訳ありませんが、ボランティア作る家庭料理ですので個別対応はできません。自己管理でお願いします。
ちなみに、食べ物に好き嫌いのある子どもの場合、みんなでワイワイ食べているうちに少しずつ解消していっています。参考にしてください。


Q:自転車での通塾は可能ですか?
A:当塾には自転車置き場も駐車場もありません。仮に自転車で来た場合は自己責任で管理で願います。


Q:センター試験に向けて学力が相当遅れています。週1回だけの塾だけでは追いつけそうもありません。
A:現在、毎週木曜日と第2・第4の水曜日に開催していますが、そういう人のために講師にご協力をいただき土曜、または日曜も開塾しています。まずは当塾の授業を受けて、講師と相談してください。



その他、質問ございましたら以下のメールよりご連絡ください。

info@pmjb-tokyo.com

  • 塾長奮闘日記
  • よくある質問
  • みらいの扉・目白塾奨学金について
  • 支援企業一覧
  • ティーンズカフェ

上へ